対象になるか確認

teeth

矯正治療と医療費控除の関係

矯正歯科治療は自由診療であり、保険を適用することは出来ません。しかし、医療費控除の対象となる可能性もあるので担当された歯科医師に相談しておくことをおすすめします。 医療費控除とは、一年間で出費した医療費が一定の金額である場合に控除することができる制度となります。医療費として含まれるものは歯科医院に支払った治療費以外にも、病院まで交通費なども含まれます。必ず確定申告の時期に申告する必要があるので、領収書などは保管しておくようにしましょう。 基本的に、医療費控除の対象となるのは一年間に10万円以上の治療費を支払った場合となります。また、所得によっては対象となる治療費の算出方法が異なる場合があります。さらに、矯正治療内容によっては控除対象に当てはまらない場合もあるということは理解しておいてください。

歯科医院と矯正装置を厳選する

矯正歯科治療を受ける場合に最も必要なのは、ライフスタイルに合わせた矯正装置と腕のある歯科医師だと思います。前者は治療内容を大きく変え、後者は質の高い治療を受けることができます。 歯科医院を選ぶ際にはこの2つの条件を満たすことを目標とします。特殊な矯正装置の場合、取り扱っている歯科医院は少なく、労力を必要とするので多少の遠出は覚悟して歯科医院を当たるようにしましょう。歯科医師についてはインターネットを活用、または実際に来院して確認しましょう。担当される医師が矯正歯科治療に対する知識や技術、臨床経験が長けているならば、安心して治療に専念することができます。 どちらかを疎かにした場合、必ず後悔することになるのは自分です。時間をかけながら、納得のいく環境で矯正歯科治療を受けるべきだと思います。